ホテル旅館・開業運営コンサルティング
ホテル旅館・WEB集客コンサルティング

お問い合わせ

運営受託型契約

運営受託型契約

弊社では、ホテルオーナー様のために以下の3通りの
事業方式によるご提案を用意しております。

■賃貸借方式……
テナントとして固定賃借料をお支払いする事業方式
■運営受託方式=MC (Management Contract)方式……
オーナー様の代理人として、ホテル運営を行う事業方式
■運営コンサルティング方式=1週間、支配人代行を派遣し、ホテル運営を行う事業方式。

賃貸借方式 運営受託方式(MC方式) 運営コンサルティング方式
長所 ■収支が安定(固定賃料)
■従業員の雇用の必要なし
■保証金等の預託がある
■原則FFEの負担なし
(新規開業等オーナー様
負担の場合もあり)
■利益極大化
(GOPの85%~90%程度)
■経営内容がガラス張り
■ほぼ利益極大化
(GOPの90%~95%程度)
■経営内容がガラス張り
短所 ■収入が低い
(GOPの60%~70%程度)
■オーナー様とテナントの
利害は対立
■オーナー様がホテル事業の
主体となる雇用の増大
■保証金等の預託はない
■開業準備費用の負担あり
(FFE、サイン等)
■ホテル運営に関わる運転
資金の負担あり
オーナー様がホテル事業の
 主体となる雇用の増大
■保証金等の預託はない
■開業準備費用の負担あり
 (FFE、サイン等)
■ホテル運営に関わる運転
資金の負担あり

運営受託方式(MC方式)概要

弊社は「ホテル運営の専門家・現場での経験者(総支配人)を派遣し、多岐にわたる経験を活かしオーナー様の実務負担を軽減するとともにオーナー様にかわりホテル運営を行い、運営実績に応じて運営委託料を頂戴いたします。

賃貸借方式 概要

弊社は、ホテルに関する従業員の雇用・労務管理から、財務管理まで運営・経営に関する全般の業務を行います。オーナー様は、賃借料として毎月定額の収入があり、長期契約という安定したスタイルがメリットです。

運営コンサルティング方式 概要

弊社は、一定期間(1週間)、ホテル運営の専門家・現場での経験者を派遣し、売上アップ、経費削減を目指し、実効性のあるコンサルティングサービスを提供いたします。オーナー様にかわりスポット及び遠隔対応でホテル運営指導を行い、固定額の運営委託料を頂戴いたします。

このページの先頭へ